20代のこめかみシミ原因とは2種類


20代のこめかみシミについてまとめています。

 

シミは年齢を重ねるほどできやすいのが特徴ですが、まだ20代という若い人も油断できない症状です。

 

うっかりしているといつの間にかシミができていることが少なくありませんので、鏡を見て確かめてみましょう。

 

こめかみの部分にシミができてしまっていても、珍しい症状ではありません。

 

20代のこめかみシミ原因とは2種類があります。

老人性色素斑

1つ目が老人性色素斑です。
老人という言葉が含まれていますので、20代には関係ない症状に感じられるところですが、老人性色素斑は年齢が高い人ほどできやすいだけで、若い世代でも普通に見られます。原因は紫外線です。

 

日差しの中に含まれる紫外線を長時間浴び続けると、皮膚の奥にメラニンが過剰分泌されます。メラニンは黒い色素を持っており、それがシミのように見えるということです。

 

紫外線の影響は5〜20年後くらいに出るとされていますから、幼少期からたくさんの日差しを浴びていれば、20代でも老人性色素斑になってしまいます。発生する部分は日差しがよく当たる部分です。頬骨の部分とこめかみ部分、頬の部分などにできやすく、まばらにあらわれるのが特徴です。

炎症性色素沈着

2つ目の原因が、炎症性色素沈着になります。
炎症性色素沈着は主にニキビやかぶれ、虫刺されなどの炎症の跡が原因です。赤く腫れ上がった際に赤い色素を持つヘモグロビンが発生します。症状が治まった後でも色素が残ってしまうとシミとなってあらわれます。赤紫や黒に近い色のシミであるのが特徴的です。こめかみ部分にニキビができやすい人は、炎症性色素沈着を発症しやすいといえるでしょう。
厄介な老人性色素斑と炎症性色素沈着ですが、それぞれの原因のシミを消す方法を解説します。

20代のこめかみシミの消し方

老人性色素斑のシミを消すには、医療技術に頼るのが最も効果的です。

 

家庭でもできるシミを消す方法を選ぶなら、市販薬を利用しましょう。

 

シミ対策用の市販薬がドラッグストアや薬局などに売られていますので、それを利用するだけで構いません。ネット通販でも簡単に購入することが可能です。

 

市販薬を選ぶ時におすすめしたいのが、
L-システインという成分です。

 

L-システインはメラニンを無色化する力を持っています。

 

皮膚のターンオーバーを促すという点も優れており、なかなか消えないシミの改善に一役買ってくれます。同時にビタミンCを摂取すると効果が高まりますので、L-システインとビタミンCが配合された商品を積極的に選びたいところです。

 

商品名として、トランシーノホワイトCやチョコラBBルーセントCなどがあります。

 

市販薬で十分な効果が得られないなら、美容クリニックのレーザー治療に頼りましょう。

 

メラニンに反応するレーザーを照射して、メラニンを破壊する効果があります。即効性を求めるなら最も優れた治療法です。レーザー以外でもハイドロキノンやトレチノインが配合された塗り薬を処方してもらい、治療する方法などもあります。

 

 

炎症性色素沈着も老人性色素斑と同じように、市販薬や美容クリニックの治療が適しています。

 

但し、炎症性色素沈着は炎症が治れば皮膚のターンオーバーによって、しばらくすると自然消滅するものが少なくありません。

 

皮膚のターンオーバーを促すL-システイン配合の市販薬を用いると、効率良く改善できるでしょう。

 

ですが、しばらく時間が経過しても消えない炎症性色素沈着の場合は皮膚の奥深くに色素の原因が沈み込んでいるため、こちらの症状は美容クリニックに頼るのがおすすめです。

 

 

美白化粧品を使えば消えてくれることもありますが、実際は自然消滅したシミである可能性があるため、効果を過信しないことが大切です。

 

 

シミ予防はできますが、基本的に美白化粧品でシミを消すことはできないことを覚えておきましょう。